セミオーダータイプとは

注文住宅のオーダーの仕方としてフルオーダーメイドを依頼する方法や規格化された住宅を建ててもらう方法はよく知られていますが、セミオーダーという形も存在しています。セミオーダータイプの注文住宅とは基本的な住宅の仕様は決まっているものの、間取りなどの細かな設計は決めることができ、設備についてもいくつかの候補から選択できるようになっているものです。フルオーダーメイドに比べると料金が安くて済むのがメリットとして注目されるようになり、工務店やハウスメーカーでもセミオーダータイプの商品を用意することが多くなりました。注文住宅を建てるときには予算が悩みになることが多いため、魅力的な選択肢として選ばれています。

メリットについて理解しよう

セミオーダータイプが選ばれている理由は注文住宅と建売住宅の中間的な位置づけになることで大きなメリットが生まれるからでもあります。建売住宅のように仕様はほとんど決まってしまっていて変更はできないですが、裏を返せば一般的に住宅に求められる仕様をクリアしているという安心感があるでしょう。しかし、完全に変更できないわけではなく、通常の注文住宅のように希望に応じて変更してもらえるところもたくさんあります。設計をするのが簡単でありながら、希望を叶えられる可能性が高いのがセミオーダータイプのメリットです。基本となる設計の選択肢も豊富にあるので、選び方次第でスムーズに理想的な住宅を作り上げることができるでしょう。

新築一戸建てを探す場合には、ポストに投函されているチラシや不動産サイトでの検索から情報を得たり、実際に不動産店に相談に行くなど様々な方法があります。