建築コストが高くなる

注文住宅の施工にフルオーダータイプを用いることには、施主の希望に合わせた自由な設計が可能になる一方で、建築コストが高くなるというデメリットもあります。大手ハウスメーカーでは建材や住宅設備を大量に仕入れることによって、規模のメリットを働かせて、仕入れ価格を低減させているのですが、フルオーダーでそういった建材等以外のものを使うとなると、個別に発注しなければならず、その分仕入れ価格が高くなってしまうからです。また、フルオーダーの場合には、設計図などの各種書面についても一から作る必要があり、セミオーダータイプなどと比べると人件費も余計にかかるようになります。そのため、ある程度予算に余裕がある方に、適しているといえるでしょう。

将来の売却が難しくなるおそれがある

フルオーダータイプの注文住宅のデメリットの二つ目は、もし将来売却することになった場合に買い手が付きにくくなるおそれがあるという点です。フルオーダーの注文住宅は、施主のこだわりが詰まっているため、自分で住む分には極めて快適なのですが、そのこだわりが万人受けするようなものでない場合には、他者からするとかえって住みにくく感じられてしまう可能性があります。そうなってくると、買い手候補が限られてしまうため、中古市場に出した場合になかなか売れないという事態に陥りかねないのです。もちろん、売却する必要がなければ、このようなデメリットは顕在化しませんが、多少なりとも売却を視野に入れている方は注意しておく必要があります。

ひと昔前と変わった分譲住宅は購入前に入念に確認でき、費用を安くすることができ、予算を立てやすくするメリットがあります。