完全な自由があるのがメリット

フルオーダータイプの注文住宅を選ぶメリットは住宅の仕様について完全な自由を得られることです。どんな間取りにしたいか、どのような設備を使いたいかといった希望を最大限に実現できるのがフルオーダータイプの特徴として知られています。予算や土地の広さ、そして法律が許す範囲内であれば自由に仕様を決めることが可能です。ハウスメーカーや工務店の建築士や設計士がどのようにすれば理想を実現できるかについてもアドバイスをくれます。その打ち合わせを繰り返していくことにより、本当に心から住みたいと思うような住宅を作り上げることが可能です。このような自由度の高さはこだわりが大きい人ほどメリットが大きくなるポイントでしょう。

設計の進め方にも自由がある

自由という点では設計の進め方についても魅力があります。フルオーダータイプの場合には設計の進め方も自由に決めることが可能です。住宅設計はよくわからないからプロに任せたいという場合には、住宅業者の建築士や設計士に図面を引いてもらえます。少し勉強したから自分で設計してみたいという場合には、試作してみた図面を建築士などに見てもらって手直しをしていくというやり方もできます。希望する進め方に応じて相談先の業者を選ぶとさらに希望を叶えやすくなるでしょう。設計の進め方によって自分の意志を反映した住宅になるか、住宅業者のコンセプトの影響を受けたものになるかが異なります。その点も加味して自由な選択ができるのは大きな魅力です。

建売住宅は設計から施工まですべて完了しているため、注文住宅に比べて手間をかけずに購入することができます。