費用が高額になりやすい

ひと口に注文住宅と言ってもその種類は様々ですが、中でもフルオーダータイプは設計から使用する建材など、家づくりに関する事柄のすべてを建て主が指定できます。理想のマイホームを建てるには最適な方法と言えますが、その一方で費用が高額化しやすいのも事実です。フルオーダータイプの注文住宅は使用する建材の寸法や材質も建て主が指定できるので特注品の割合が多くなります。すでにでき上がっている建材を使う方法と異なり、サイズ合わせから加工までを指定された内容で行うので手間がかかり、その分だけ費用が嵩むと言えるでしょう。作業工賃が上乗せされる形になるので、ほぼ同じ大きさや間取りの建売住宅よりもはるかに高額になるケースも珍しくありません。

建て主に建築の知識が無いと満足できる結果にならない

注文住宅は建て主の希望通りに建てられたマイホームのイメージがありますが、実際は建物の強度や敷地内の建ぺい率など様々な制約と照らし合わせて建てられた物です。理想と現実のギャップをできるだけ減らすことが注文住宅を建てる際の重要な心得と言えます。フルオーダータイプの場合、設計の段階から建て主が関わるので理想的なマイホームを建てるのが容易に思えます。しかし実際は建築に詳しくないと非現実的な理想ばかりを並べてしまい、大幅な修正を施される結果で終わってしまう可能性も否定できません。フルオーダータイプの注文住宅を建てるなら法律に抵触しない内容にまとめることができる程度の知識を持つことが必須条件と言えるでしょう。